靴のストレッチをDIYでやってみた


 以前,どなたかのブログのコメントで靴のストレッチを自分でやるという書き込みを見たので,試しに自分でやってみました。

 私の靴の幾つかは左足小指の部分があたって痛いものがあるのですが,ずっと我慢していたのです。

 オールデン純正ツリーは,先が割れていて広がるようになっていますが,ばねの力で開くだけなので皺を伸ばす程度の力しかありません。

 まずは自分の足のサイズを計り,この大きさになるようシューツリーの調整を行います。
ツリーの加工ですが,ツリーの割れている部分に木を切って挟み込みます。両側に1本ずつ入れてほぼ私の足と同じサイズになりました。

CIMG0258_convert_20140509222028.jpg

 この木はホームセンターで買ってきましたが(長いものが1本150円位),割り箸で十分です。(安上がり)

CIMG0257_convert_20140509221940.jpg


 次に,あたりが気になる左足の小指の部分ですが,ここを広げるべく小さくきったコルクを貼り付けます。素人作業ですので,ガムテで貼り付けます。

CIMG0259_convert_20140509222107.jpg

 これで準備完了。
 このツリーを靴に入れてストレッチ開始。

CIMG0253_convert_20140509221850.jpg



 私のローテーションでは1回履いた靴を次回履くまでに10日以上間隔がありますので,この間入れっぱなしです。

 ツリーを出して履いてみると,本当ストレッチされていて小指のあたりがほぼありません。(ニヤ)
 コードバンでもやってみましたが,こちらもあたりは減りました。
 こんな簡単なことでストレッチが出来るなんて思ってもみませんでした。
 本当に目から鱗でした。

 気になっている方は試してみてはいかがでしょうか?
 ただし、革の伸びる量にも限度がありますし、その後の耐久性については分かりませんので、あくまでも自己判断・自己責任でお願いします。
スポンサーサイト
コメント

ラスト様

こんにちは。

おっと〜!

これが秘伝のストレッチですね!

なるほど、これでしたらアッパァにも優しそうです。

僕のシューズの師匠は「自分の足を靴に合わせろ!」と言いましたが、そんな無茶な(笑)

当時20歳そこそこの自分は、魚の目やマメをこしらい病院通しながらシューズを履きましたよ(>_<)

今から考えるとほんとアフォでしたね(笑)

No title

すごい!
そんな裏技があったとは。。。
ちなみにコレって、シューキーパーを外すと、また縮んでくるんでしょうか??

ロレ卿の詩様

毎度ありがとうございます。
私は一気にストレッチしましたが、気になる方はコルクの暑さを何段階かに分けて厚くしていけばいいのではないでしょうか。
ところで、靴に自分の足を合わせるのは難しいですね。5kg位痩せればきつい靴も履けるようになるかもしれませんが、今までジャストだった靴は緩くなりますし。
買うたびにじっくり試着できればいいのでしょうけれど。それでも、後であたったりしますし。
本当に靴は難しいですよ。

highwind様

一度伸びた革はほとんどちぢまないと思います。
ストレッチした靴からシューツリーを抜いておいても、次回履いた時に当たる感じはありません。
なので、このツリーで伸ばした後はツリーを元の状態に戻して入れてます。

No title

これは是非やってみないとですね^^!

とても参考になりました。あれからもずっと痛いままでしたので。

No title

こんばんは
ストレッチですか!
インソールで調整はしますが、ピンポイントでやった事はありませんでした。

この状態でツリーに靴下を履かせて、当たる場所にデリケートクリーム塗ってやると、更にピンポイントで楽に伸びるそうですよ(前に聞いた事があります)
私も最近になって靴を買い足したので現在悪戦苦闘中ですわ(笑)
ではでは 

とっとこ様

私の靴はすでに10年以上履いていて、革もなじんでいると思うので、一気にストレッチしましたが、新品ですと段階を踏んで伸ばした方がいいかもしれません。
ムツ様がおっしゃっているように、デリケートクリームを塗ってからやった方が効果は高いかもしれないです。

ムツ様

確かにデリケートクリームを塗ってかたストレッチした方が伸びる気はしますね。
本当はこんなことはしなくて済むのが一番でしょうが、やはり既製品ですと若干の誤差や皺の入り方、革の縫い目などいろんな要素が絡んできます。
私はヨーロッパ靴のタイトフィットの心地よさをしらないので、もう少し辛抱してください(笑)。
その先には、究極の靴ライフが待っているのではないでしょうか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する