Custom make up

 オールデンと言えばコードバンの靴が非常に有名です。カーフとは違う,濡れたような光沢,履き皺のうねり,私のお気に入りの点です。コードバンのうち,色の薄いウィスキーやマホガニー色はカタログには無いモデルで,一部のショップでのみ扱っていました。
当時,オールデンオブカーメルやSFのオールデンショップでは客の注文による製作(custom make up)をやっていたのですが,それが終了するらしいとの噂がありました。

 一度作ってみたかったので,問い合わせたところ,SFのオールデンショップではまだ取り扱いができるということで,つたない英語でオーダーをしてみました。
 この時点では,革の色についてマホガニーはOKだがウィスキーはNGとのこと。仕方なくマホガニーコードバンのチャッカーブーツ,ソールはレザー+ラバーのコマンドソール仕様をオーダーしたのです。

 3ヶ月たったころ,お店から「今工場にウィスキー色の在庫がわずかにあるので,色の変更がOKなら早くできるよ」とのメールがあり,もともとウィスキーで作りたかった私は2つ返事で変更OKのメールを出しました。
 それから更に3ヶ月がたち,ついに靴が届いたのですが,開けてびっくり,色がマホガニーで作られていました。
P1010778_convert_20130821224145.jpg

3ヶ月前のメールの件を言うと「いらなければ送り返してもいいよ」とのこと。でもせっかく届いたのに送り返すのは忍びないので,「これはこれで買うから,もう1足ウィスキーで作ってくれないか」と頼んでみました。

P1010779_convert_20130821224329.jpg

 というのも,すでにこの時点でcustom make up のプログラムは終了したと靴好きの方のHPで情報を得ていたので,だめもとで交渉してみました。
 しばらくして,「いいよ,作ってあげる」との回答を得,今回は念願のウィスキーコードバンのチャッカーブーツ,レザーソール仕様をオーダーすることに成功したのです。
 待つこと6ヶ月,ついに念願の靴を手に入れることができました。もしかすると,私が日本で最後に個人でcustom make up で靴を作ったのかもしれません。

P1010781_convert_20130821224558.jpg

通常,靴の内側にサイズやモデルNoが記入してあるのですが,custom make upで作った靴にはモデルナンバーが無く,かわりにCuと記入されています。(custom make upの記号です)

P1010780_convert_20130821224446.jpg

 ただし,あまりにも時間が長かったため,この間にも靴を買ってしまい,靴箱に収まりきらないことになり,結局10年以上箱に入ったままになっております。

P1010782_convert_20130821224740.jpg

 当時のcustom make upの価格は575ドル,通常のコードバンモデルが450ドル前後でしたので割高ですが,職人が私のために作ってくれたと思えば納得できる範囲でしょう。現在のコードバンチャッカーは670ドルと非常に値上がりしています(ウィスキーだともう少し高い)。値上率で言うとロレックス以上ですね。
 コードバンは原材料になる馬が減っているのと,今後の供給に不安がありますので,買っておいてよかったと思います。
スポンサーサイト
コメント

ラスト様

こんばんは~^^

これはすごい行動力ですね!個人輸入を超えた個人オーダー輸入じゃないすか!しかも、交渉まで行っているとは素晴らしいですね。つたない英語力と謙遜されていますが、かなりのものでしょうね。

私も少しは英語に心得がありますが、もう数十年前の知識ですし、個人輸入とか面白そうなんで、ここは一つスピードラーニングでもやってみようかしら・・・・

肝心の靴の話題には触れないでおこう・・・半端な知識じゃボロをだすだけだから・・・ではまたー^^

えーす様

SF、オールデンショップのA.W氏に私が伝えたのは、参考とするモデルナンバー、ラスト、ソールの材質、サイズ、革の色位です。相手は、へんてこな英語を駆使する日本人を相手に沢山の靴を販売してきている方ですので、間違った英語でもこちらの考えをくみとって回答してくれます。
 私が持っているオールデンはアメリカから通販で買ったものがほとんどです。(1足を除く。この件はまたあとで書きます)

ラスト様

こんばんは。

いやいや素晴らしい逸品を拝見出来て僕も幸せですよ。

しかしながら、10年以上も温めておるのですね。

僕が、20年前にUAで購入した時は、68,000円だったかな。

※ヴァーガンディのVチップです。

今は10万円位でしょうかね。

吊るしでしか購入した事は有りませんが、オーダーですと足入れ感は素晴らしいのでしょうね。

コマンドソールはレディメイドでは見掛けないですし、アッパァを含め其処彼処に「普通でない」特別仕様が観られますね。

これは正に一生モノでしょう。

履かないと勿体無いと感じてしまう僕は、相当貧乏性ですね(笑)

ロレ卿の詩様

 靴はサイズの関係で、残しておいても子どもが履けるとも限りませんよね。
 靴が出来上がるまでにマホガニーチャッカーの中古などを買ってしまい、収納スペースがないのです。いちいち箱から出して履くのも面倒だし、2足目のウィスキーは勢いで買ったような感じです。
 コードバンの靴は雨の降りそうな日は履かないので、登板回数は全体的に少ないのです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する