ポタリング part 4



 前回から大分間が開きましたが(汗),ちょっと散策してきました。

市内には特産の大谷石でできた建物が多数あります。

いくつかを紹介します。


 聖ヨハネ教会

CIMG0043_convert_20150123220510.jpg



 松が峰教会


CIMG0045_convert_20150123220601.jpg

 そのほかにも石蔵を改装したレストランなどが沢山あります。

CIMG0047_convert_20150123220652.jpg







 次は市の中心部からちょっと南にある古い民家。

 第2次世界大戦時,ここにある人が疎開してきたということです。


CIMG0049_convert_20150123220749.jpg


 その人というのは,アニメで有名な宮崎駿監督。

 この家での暮らした風景が,アニメのいろんな場面に出てきます。

玄関近くの傾斜が急な階段は、「となりのトトロ」に,

2階の窓からは、電車が目線と同じ高さで横切る風景が見え,

「千と千尋の神隠し」の一場面を思い起こさせ,

ラスト作「風立ちぬ」でも,主人公堀越二郎の生家のモデルとなったそうです。



今はギャラリーとして使われています。
スポンサーサイト
コメント

No title

聖ヨハネ教会や、松が峰教会は見たことがありますが、
宮崎監督の疎開先は知りませんでした。
というか、宮崎監督が宇都宮へ疎開していたなんて。。。

大谷石の蔵をみると、栃木っぽさを感じますねー。
当たり前ですが、こちらでは全く見かけません。。

highwind様

宇都宮特産の大谷石ですから、そんなに遠くへは持っていかないでしょう。昔は石塀か石蔵くらいしか使い道はなかったです。
でも今は、薄くスライスして内装に使ったりしています。温かみがあっていいですよ。

 それから、宮崎監督が疎開していた家は市役所から徒歩3~4分の東武線沿いにあります。
私が知ったのは4~5年前くらいなので、そんなに知られていることではないようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する