高原へサイクリング

先日、天気が良かったので自転車に乗ってきました。自宅から自転車で行くのはあきらめ,途中まで車で行きます。杉並木を通って公園に向かいます。
P1010965_convert_20130730212908.jpg

公園の駐車場に車を置いて出発。ここの標高は600m位でしょうか。
P1010966_convert_20130730152726.jpg

 赤い橋(神橋)が見えてきました。同級生のまねをして(チャリのブログを書いてます。皆さん知らないでしょうが。)パチリ。神社の境内に標高634mのポイントがあります。現在スカイツリーのてっぺんとほぼ同じ高さです。
P1010967_convert_20130730152852.jpg

 ゆるい坂道を登ります。現在の標高は744m。
P1010968_convert_20130730153017.jpg

これから山登りです。この道は一方通行なので、入ったら自転車でも引き返せません。気合を入れて登りましょう。最初の「い」
P1010970_convert_20130730213043.jpg

ひたすらこぎ続け約60分で登りました。久しぶりに滝でも見ましょうか。勿論無料の観曝台で。マイナスイオンをたっぷり吸い込んだら、今度はおなか一杯ご飯を食べましょう。
P1010975_convert_20130730213206.jpg

 肉屋さんがやっている食堂です。カウンター6席だけの店でソースカツ丼をオーダー。こぶし大のカツが5枚で800円。安いですね。カツも柔らかくおいしいですが、量が多くて飽きてきます。でも完食。
P1010976_convert_20130730154247.jpg

湖畔を走ります。気温は20度位なので涼しいです。小田代が原入口に到着。ここは環境保護のため一般車進入禁止で,ハイブリッドバスが走っています。でも排ガスを出さない自転車はOK。ゲップとおならは出し切り中に入ります。木陰の中,さわやかな風を受け走ります。緑に癒されますね。

P1010980_convert_20130730154604.jpg

 貴婦人と呼ばれる白樺の木が見えてきました。
P1010983_convert_20130730214835.jpg

 先へと進みましょう。この道は,千手ガ浜で行き止まり。カヌーも入れて証拠写真。カヌーもやってみたいんだよな。では来た道を帰ります。野生の狸がいましたが、写真を撮る前に消えてしまいました。
P1010982_convert_20130730154744.jpg

 今回見つけた標識で一番高い場所は1355m。標高差約750m登りました。
P1010984_convert_20130730155717.jpg

 あとは下るだけです。下り坂に入る直前サルを発見。写真を取っていると全部で5頭います。子連れもいるので,刺激しないようこの辺で帰りましょう。
P1010986_convert_20130730155830.jpg

 ダウンヒラーの血が騒ぎます。昔は山の裏側の林道を走ってましたが、今回は舗装道で下ります。48番目のカーブ「ん」を通り,あとは駐車場へ向かいます。
 無事到着です。疲れましたが体を動かし,気分爽快です。
P1010987_convert_20130730160002.jpg

P1010989_convert_20130730160220.jpg

P1010988_convert_20130730160112.jpg

 本日の走行距離80km
 最高速度60km/h(下りです)
 標高差 750m
スポンサーサイト

カブトムシ飼育中

 昨年飼っていたカブト虫が卵を産んだので,それを容器に入れ飼育していたら、だんだん大きくなり,見た目はカールのようになりました。

b0d032fcd3726f83adcf-LL_convert_20130724212151.jpg


 一冬を越し,5月はまだ動き回っていましたが、6月になると姿を見せず土にもぐったままに。
 そして7月初旬,蓋を開けてみるとさなぎになっており、見たところ7・8匹います。それからしばらくたったある日,再び蓋を開けてみると,カブト虫が一部成虫になっています。
 そこで,飼育ケースと土を準備し,成虫を移すとともに,土の中をそっと掘ってみると,成虫とさなぎで全部で10数匹いました。まださなぎのものは別のケースに入れ,成虫は1つのケースに。

P1010797_convert_20130724210644.jpg

 その夜,さなぎが羽化をはじめました。殻から抜け出した直後の羽は白い色をしています。図鑑では見たことがありましたが,実物を見たのは私も初めてです。結構感動しますよ。その後羽はだんだん色がついていき,キャラメルみたいな色になり最後にあのテカテカの羽になります。

P1010798_convert_20130724210812.jpg


 この後数日間は土にもぐって出てきません。最近ようやく夜になると出てきて,昆虫ゼリーを食べるようになりました。
 全部のカブト虫が小さいのですが,これは幼虫時代のえさが足りなかったのでしょう。さて,来年に向け子どもはどうするのでしょうか。

あってはならないこと

 以前,某所でこのエピソードを紹介したことがありますが,私のブログでもう一度書きます。皆さんの参考になれば幸いです。

2000年当時,キムタク効果でプレミアがついていた14270ですが,やはりどの店にも展示をしておらず,予約も受付ていない店がほとんどでした。そんな中,都内の某デパートで予約できた時は,すごくうれしかったものです。
 モデルは114270に変わりましたが,ついに入荷の知らせがあり,お店に取りに行ったのは2001年11月11日と1が5つ並んだ日でした。お店から時計と保証書請求はがきを未記入でもらい,自宅へ帰宅。

P1010885_convert_20130719145752.jpg

 数日後はがきを投函し,保証書が届くのを待っておりましたが,1ヶ月たっても届きません。そこで日ロレに電話すると「販売店経由で問い合わせてください」との冷たい返事。仕方なく販売店に事情を説明すると,日ロレに問い合わせてくれました。その結果は,「日ロレに保証書請求はがきが届いていない」との回答でした。何と郵便事故が自分に起こったのです。
投函地の郵便局で事情を説明するも,誤りはするけれど調べてくれる様子はありません。(1ヶ月前に出した郵便物が見つかるはずもないのでしょう。普通郵便は事故があってもしょうがないくらいの考えなのではないでしょうか。)
 販売店からの連絡で,さらに1ヵ月後に無事保証書は発行されましたが,私の名前の読み方が間違っていたりと散々なことになっておりました。
 ところで、昔の紙の保証書にカッコ書きで5けたの英数字が書いてありますが、あれは何なのでしょう?

P1010964_convert_20130719144914.jpg

P1010890_convert_20130719144511.jpg

ALDEN 971

 私が初めて買った本格革靴が,このオールデン971キャップトゥ,アバディーンラストで,ロサンゼルスのセレクトショップで買いました。2000年に買いましたので,かれこれ13年になります。使っていると擦り傷や打ち傷,飲み過ぎた時の○○がつくなどしていますが,まだまだ履けます。(汚いよ)

 買った当時ほどメンテナンスはしなくなりましたが,毎日履いたあとのブラッシングと年2回のケア(持っている靴を全部一斉にやるので1日かかります)はかかしません。靴は,サイズ選び,毎日のブラッシングやケア,シューツリーを入れてしまう,連続して履かない(5足以上あればベスト)などを守ればアッパーの革は長持ちします。

P1010805_convert_20130715104651.jpg

P1010802_convert_20130715104535.jpg


 しかし,さすがに13年目でソールに穴が開きました。普段は車通勤なので,歩く距離も短いことや複数の靴をローテーションして履いているので,ここまでもちました。もう少ししたらラバーソールにオールソールするつもりです。

 これらの靴を修理しながら,私がリタイアするまで履くつもりです。そうすると四半世紀履くことになりますがもっと履けることでしょう。靴も時計も普段のメンテナンスが非常に大事だと思っています。

P1010803_convert_20130715104806.jpg

P1010804_convert_20130715104910.jpg

 ちなみにオールデンについてですが,このアバディーンラストのほか一番有名なモディファイドラスト,バリーラスト等たくさんのラストがあります。私が一番好きなのはアバディーンラストで,この細身のつくりが,足にフィットします。
 下の写真の971がモデルナンバー、8がサイズ、B/D が甲回りの長さとヒールカップの大きさです。海外の靴はこの甲回りの長さとヒールカップの大きさのサイズが何種類もあるので、より自分の足に合った靴を選ぶことができます。

P1010806_convert_20130715105019.jpg


 さっきからラストという言葉が出てきますが,これは靴を作るときに使う靴型(木型)を意味します。この靴型によって,靴の履き心地や見た目の印象が変わってきます。私の名前のラストはここから来ています。スペルはLASTで,「最後」と同じです。
「さいごう → さいご → ラスト」と名前から取ったわけではありません。(笑)
 
 良い物は長く使いたいので,ロレも生産終了後20年なんて言わず,もっと長期間メンテの受付をして欲しいですね。

ちょっとそこまで

バーイシクル×3 、アイ ワンチュー ライド マイ バイシクル
ということで、自転車に乗って出かけてきました。
朝早く出発しましたが、太陽が出ていると暑いです。

P1010789_convert_20130713225900.jpg


しばらくして、到着です。今年のジャパンカップは10月19~21日に開催されますね。それでは同じコースを走ってみましょう。日なたは暑いですが、木陰は涼しく気持ちよく走れます。

P1010790_convert_20130713230242.jpg


ここがスタート・フィニッシュ地点です。レースでは最高に盛り上がる場所ですが、今は閑散としたただの駐車場です。
ここからずっと登り坂になります。昨年9月に自転車を買って初めて登った時は、死にそうになりましたが、今回は前よりは楽です。筋肉がついてきたのでしょう。ということで、頂上につきました。

P1010792_convert_20130713231636.jpg

P1010794_convert_20130713230520.jpg

路面のメッセージが少ないのですが、昨年新聞への投書があり、路面へのペイントが消されました。普段この道路は歩行者・自転車・管理車両しか入れません。新聞への投書か何かがきっかけでそうなったようですが、イベントを盛り上げるためにはあった方がいいと思います。

下り坂は楽チンですが、葉っぱや枝が落ちており、スピードが出せません。流しながら1周走りました。しかし、日差しが強く無理はしない方がいいと思い、そのまま帰宅しました。アー暑かった。

後で写真を確認してみると、何か足りない気がしました。そうです。肝心の自転車が写ってないのです。これじゃ、車で行っても同じですよね。
本日の走行距離 50km

焼酎ブーム

 私はお酒が好きで,毎日のように(毎日だろと突っ込みが入りそうですが)飲んでいます。以前は日本酒が好きで,全国各地の地酒を取り揃えた店に毎週通い,いろいろ飲み比べたりした時期もありました。美丈夫,義侠,十四代,ほかにもおいしいい酒が一杯ありました。
 その後の焼酎ブームもあり,次第に焼酎に移っていくことになります。昔はいも焼酎のあの匂いが好きではなかったのですがすぐになれ(そこは飲兵衛ですから順応が早い),最近は焼酎ばっかりです。

P1010784_convert_20130711212106.jpg

 普段は安いものしか飲めませんが,たまにはプレミア焼酎と言われている物も飲みたくなります。代表が森伊蔵でしょうか。しかし,お店で売っているのはプレミア価格で1本3~4諭吉とべらぼうな値段で手が出ません。高島屋で抽選に当たれば定価で買えますが,東京往復となると電車賃も馬鹿になりません(その金額でいい酒が買えます)。
P1010785_convert_20130711213613.jpg

 調べたところ,森伊蔵が電話申込で抽選販売をしているのを発見しました。もうこれしか方法はないということで,それ以来電話をかけ続けています。
 最近では,今年2月にゲット成功。これまでの私の当選確率は2.59%です。3回線から電話をしているので,年1回当選すればいいほうです(最長31ヶ月間当選なし)。よって特別な時(盆か正月か?)でないと開けられないので,いつ飲めるのかわかりません(貧乏性です)。

P1010786_convert_20130711213818.jpg

 以前,記念にしようとラベルをはがしてみました。すると,ラベルの裏側に瓶詰めした日付が押してあります。普通はラベルの表面に見えるように押してあるのですが,瓶詰め時期の表示の仕方にルールは無いのでしょうか。(飲めればどうでもいいことですが・・・・)

P1010787_convert_20130711214039.jpg


My first ROLEX

 私が機械式腕時計に興味を持ち、初めてロレを買ったのは2000年のことでした。何を買おうかと考えたところ、16610はメジャーなので着けている人が多いということで、16570の黒文字盤を買うことにしました。あれから13年、これが現在の時計です。

P1010769_convert_20130707212003.jpg

 現在は、クオークで発売されたラバーベルトを着けています。ただ、このラバーベルトをつけるのに大変苦労しました。ラグの穴の位置が合わないのです。しかたないので、紙やすりでベルトのフラッシュフィット部分を削り、やっと装着完了です。

 話は変わりますが、10年くらい前ですが、16570用に革バンドを別注で時計バンド専門店で作ってもらいました。自分で図面を書き2カ月くらいでできました。このバンドについているFFですが、当時ロレのホームページを見て知りあったオランダ在住の日本人の方にお願いして買って送ってもらったものです。当時のオランダのロレックスでは部品単体で売ってくれたみたいです。今はどうなっているのかわかりません。皆さんご存じの通り、当時の日ロレでは当然部品単体では売ってくれませんよね。
 現在でも、部品単体で売ってくれるところってあるのでしょうかね?

P1010683_convert_20130707214804.jpg

 今回のラバーベルトと同じようなものを10年前に革ベルトで作った理由は、人とはちょっと違ったものをしたいということからでした。
 やはり、ロレ好きは考えることが同じですね。





これで最後?

 皆さん、初めまして。ラストと申します。今後、私の趣味等について不定期ですが書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。