靴磨き

毎年GWに靴を全部磨くのですが、今年は左手の指を骨折しているため、
コードバンだけ磨きました。


CIMG2259_convert_20170514214246.jpg



ただ手抜きで、ステインリムーバーで汚れを落とした後、ディアマント塗って


CIMG2260_convert_20170514214358.jpg



乾拭きしただけです。
結構艶が出ました。


CIMG2261_convert_20170514214452.jpg


カーフは骨折が治ってからにします。




スポンサーサイト

恒例の靴磨き



 いつもこの時期に行っている靴磨き。
 第1弾はコードバン。

CIMG1712_convert_20160523220350.jpg

いつものように、マイルドクリーナーで汚れを落とし、ディマンテで栄養補給。
ライニングにもデリケートクリームを塗りしばらく放置。

余分なクリームを拭ってから、コードバンクリーム等を塗り仕上げ磨きします。


最後にストッキングで軽く磨き上げ終了。
やはりコードバンの艶はいいですね。

CIMG1713_convert_20160523220436.jpg


CIMG1716_convert_20160523220522.jpg


これからカーフもやらなければ。(汗)

その後

先日手入れをして綺麗になったコードバンですが、1日履いたら元に戻ってしまいました。(笑)

皺がよる場所なのでしょうがないですね。

CIMG1598_convert_20160221101252.jpg

靴磨き特別篇



 私の靴は、買ってから14~5年たちます。定期的に年数回靴磨きはしていますが、コードバン靴の履き皺のところがどうしても毛羽立ち、白っぽくなってしまいます。

ということで、急遽この毛羽立ちを抑えることにしました。
本当は、水牛の角で出来た専用スティックでやるのですが、当然そんなものは持ってないし、この辺では売っていません。
 
以前本で読んだホーウィン社のシェルコードバンの作り方の記事に載っていた、「ガラスのローラーで圧力を加える」というのを思い出したので、これをヒントにやってみます。



使ったのは、オールデン純正のペーストワックスの入ったガラス瓶。(笑)
これでこすります。(かどが丸いものを使ってください。)

CIMG1568_convert_20160207110023.jpg




ディアマントを塗り、白く毛羽立った部分を擦っていきます。その際、シューツリーを中に入れてください。その方が力が逃げないので早くできます。
踵の上の方やべろの部分もツリーをあてがいながら擦っていきます。

ダークバーガンディーのチャッカブーツ

ビフォー

CIMG1566_convert_20160207105952.jpg

CIMG1570_convert_20160207110136.jpg


アフター

右側のみ実施

CIMG1569_convert_20160207110058.jpg

CIMG1571_convert_20160207110216.jpg


マホガニーのチャッカブーツ

ビフォー

CIMG1575_convert_20160207110257.jpg

CIMG1576_convert_20160207110332.jpg


アフター

CIMG1577_convert_20160207110405.jpg


CIMG1578_convert_20160207110442.jpg

こんな感じで結構目立たなくなります。コバの近く、深い皺の奥や革の縫い合わさっているところは擦れないこともあるので、専用のスティックがあると、もっときれいに仕上がると思います。

コツは、皺に対して直角に動かして圧をかける感じです。力加減は結構力を入れてやりました。力を入れすぎると革にダメージがあるかもしれないので、気をつけてください。

かなり綺麗になりましたね。

ただ、実行する時はあくまでも自己責任でお願いします。

秋の空




 朝晩は気温も下がり、すっかり秋らしくなってきました。

 ということで、ようやくコードバンチャッカの出番です。


 今回はマホガニーチャッカ。

CIMG1363_convert_20151009225213.jpg


今となっては貴重な色です。しかも、この靴は革がしなやかで革質が最高。

これからの季節は出番が増えてくるでしょう。

CIMG1362_convert_20151009225111.jpg





最近、これを使い始めました。

CIMG1364_convert_20151009225246.jpg